忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/05/30 12:24 |
携帯充電器 ネオフリー

携帯充電器のバッテリーが長期持続!待受状態なら15~20日間使用可能!
画像安定装置で有名なVIEW GATEがは新たな携帯充電器充電器を開発。リチウムイオン使用のバッテリー、その名も「ネオフリー」。未来型・最新モデルの充電器。
「ネオフリー」の特徴は、耐久性。15日から20日の間、充電不要で携帯を使用できる。画期的な携帯充電器でコネクタを変えることで携帯以外にも電子辞書やMP3やPSPなどにも繋げられる。接続が合うものであれば何にでも充電が可能になるすぐれもの。
 
一般的な携帯電話の携帯充電器は約700~800mAですが、ネオフリーは約4400mAを実現。携帯電話とネオフリーをケーブルで繋げば、簡単に使用可能。
さらに徐々に短くなってくる電池の寿命の心配も軽減されています。リチウムイオン電池は正と負極の間を移動する力で充放電を行うバッテリーでエネルギー密度が大きく、電池寿命が長い。

充電器の電池は過充電をすることにより発熱して傷んでしまいます。過充電を繰り返すと、もともとバッテリーが持つ容量の能力を発揮できなくなってしまいます。ひどい時にはバッテリーが過充電された内部の異常な化学反応により電池が発熱や破裂、発火することがあります。過充電防止機能とは、原因の過充電をを防止する機能を言います。安心して携帯充電器をご利用いただけるようにネオフリーでは過充電防止機能を備えています。
 
サイズは73×55×24mmと小型化。ポケットに入れても気にならないコンパクトサイズのどこでも充電器。

使用方法は簡単。まずはパソコンのUSB接続もしくは付属のAC充電器でネオフリーを充電します。
充電が入った状態のネオフリーに接続可能な携帯電話、MP3、PSP、電子辞書などに接続して充電をします。
コンビニで販売されている携帯電話の充電器とは違いケーブルに繋ぎっぱなしにしなくとも通話できます。しばらく置いておくとフル充電も可能。これさえあれば緊急時もコンセントのある場所で充電する必要はない!しかもコンパクト。

本格的な登山に出かけるとき山に携帯充電器を持ち込む。充電器自体は自分自身で購入したものであったりレンタルであったり。何もない場所でも充電可能な充電器!開発者は、この便利な商品に目をつけ開発にとりかかり難しいとされていたリチウムイオン電池4400mAhのコンパクト化に成功。
  
①USBポート:デジタル製品の充電時に使用
②LEDインジケーター:LEDによる充電の残存容量表示
③チェックボタン:バッテリーの残存容量に使用
④コネクタ:充電器の用パワーコネクタ
 
・NEOFREE/NF-4400
・容量:リチウムイオン4400mAh
・入力:AC100V 50/60Hz
     DC5V(PC USB POWER)
・出力:DC5.1/5.5V/500~600mA
・寸法:73×55×24mm
・重量:約80g

PR



2008/06/27 21:55 | TrackBack(0) | 携帯充電器ニュース
ウィルコム2008年5月の加入者数

電気通信事業者協会(TCA)は、2008年5月末時点の携帯電話・PHSの各社ごとの契約数を公表した。

2008年5月の携帯電話の契約数は4社ともに純増。純増数は、ソフトバンクモバイルが17万3,700件、auが7万2,400件、NTTドコモが6万900件、イー・モバイルが5万1,500件。

第3世代携帯電話では、NTTドコモが37万5,100件、ソフトバンクが35万3,200件、auが8万4,000件、3Gのみのイー・モバイルは前述の純増数と同じ5万1,500件となった。第3世代携帯電話の総計は9,000万件を突破し、9,008万400件となった。携帯電話の契約数に占める割合は87%にも達する。

携帯電話のインターネット接続サービスでは、Yahoo!ケータイが10万2,900件、EZwebが6万100件、EMnetが3,100件、iモードが2,500件の純増。

PHSは、ウィルコムが1万1,200件の純増。同社は前月の2008年4月には純減を記録していたが、個人向けの音声端末が好調で今回は純増に転じた。

MNPを利用した契約数は、各社が明らかにした。それによれば、転出と転入を差し引きした数は、ソフトバンクがプラス2万9,300件、KDDIがプラス2万8,500件、イー・モバイルがプラス400件で、ドコモがマイナス5万8,300件。

ウィルコム 純増数11,200 累計4,613,900




2008/06/20 02:06 | TrackBack(0) | 携帯電話の加入者の推移
携帯電話2008年5月各キャリアのインターネット接続サービス契約数

電気通信事業者協会(TCA)は、2008年5月末時点の携帯電話・PHSの各社ごとの契約数を公表した。

2008年5月の携帯電話の契約数は4社ともに純増。純増数は、ソフトバンクモバイルが17万3,700件、auが7万2,400件、NTTドコモが6万900件、イー・モバイルが5万1,500件。

第3世代携帯電話では、NTTドコモが37万5,100件、ソフトバンクが35万3,200件、auが8万4,000件、3Gのみのイー・モバイルは前述の純増数と同じ5万1,500件となった。第3世代携帯電話の総計は9,000万件を突破し、9,008万400件となった。携帯電話の契約数に占める割合は87%にも達する。

携帯電話のインターネット接続サービスでは、Yahoo!ケータイが10万2,900件、EZwebが6万100件、EMnetが3,100件、iモードが2,500件の純増。

PHSは、ウィルコムが1万1,200件の純増。同社は前月の2008年4月には純減を記録していたが、個人向けの音声端末が好調で今回は純増に転じた。

MNPを利用した契約数は、各社が明らかにした。それによれば、転出と転入を差し引きした数は、ソフトバンクがプラス2万9,300件、KDDIがプラス2万8,500件、イー・モバイルがプラス400件で、ドコモがマイナス5万8,300件。

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
iモード 純増数2,500 累計48,044,200
EZweb 純増数60,100 累計25,656,600
Yahoo!ケータイ 純増数102,900 累計15,418,700
EMnet 純増数3,100 累計23,100
総計 純増数168,800 累計89,142,600




2008/06/20 02:03 | TrackBack(0) | 携帯電話の加入者の推移
携帯電話2008年5月第3世代携帯電話、各キャリアごとの加入者数および総計

電気通信事業者協会(TCA)は、2008年5月末時点の携帯電話・PHSの各社ごとの契約数を公表した。

2008年5月の携帯電話の契約数は4社ともに純増。純増数は、ソフトバンクモバイルが17万3,700件、auが7万2,400件、NTTドコモが6万900件、イー・モバイルが5万1,500件。

第3世代携帯電話では、NTTドコモが37万5,100件、ソフトバンクが35万3,200件、auが8万4,000件、3Gのみのイー・モバイルは前述の純増数と同じ5万1,500件となった。第3世代携帯電話の総計は9,000万件を突破し、9,008万400件となった。携帯電話の契約数に占める割合は87%にも達する。

携帯電話のインターネット接続サービスでは、Yahoo!ケータイが10万2,900件、EZwebが6万100件、EMnetが3,100件、iモードが2,500件の純増。

PHSは、ウィルコムが1万1,200件の純増。同社は前月の2008年4月には純減を記録していたが、個人向けの音声端末が好調で今回は純増に転じた。

MNPを利用した契約数は、各社が明らかにした。それによれば、転出と転入を差し引きした数は、ソフトバンクがプラス2万9,300件、KDDIがプラス2万8,500件、イー・モバイルがプラス400件で、ドコモがマイナス5万8,300件。


【第3世代携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】  
NTTドコモ 純増数375,100 累計44,819,800
au 純増数84,000 累計29,898,900
ソフトバンク 純増数353,200 累計14,806,300
イー・モバイル 純増数51,500 累計555,400
総計 純増数863,800 累計90,080,400




2008/06/20 01:59 | TrackBack(0) | 携帯電話の加入者の推移

<<前のページ | 携帯充電器HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]