忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






2017/05/30 12:25 |
携帯充電器の変遷

携帯充電器の変遷

携帯充電器には、コンセントを使用するものとUSBを使用するものと電池を使用するものに分けられる。
その携帯充電器の中でも、これまでの電池式のタイプは使い切りか乾電池式であったが、
繰り返し使える充電タイプが現れて注目を集めている。 

外出で携帯の電池が充電がなくなり、待ち合わせで連絡が取れなくなってどうしよう。
そんなピンチを救ってくれるのが、コンビニで売っている「緊急用充電器」だ。
これまでの携帯の緊急用充電器は乾電池が入った「使い捨てタイプ」が主流だったが、
繰り返し使える「充電タイプ」の携帯充電器が新たに登場した。

この新たに登場した充電方式の緊急用携帯充電器は「ポケットチャージー」は、
家電製品を製造・販売するアスコジャパン(名古屋市)が開発した。

この充電器にはリチウムポリマー電池が入っていて、乾電池式と異なり、約500回繰り返し充電できるのが特徴だ。

   重量が22グラムと軽いのもこの充電器の特徴の一つ。従来の充電器だと、単3を2本を入れるタイプで約60グラムある。その3分の1ほどの重さだ。携帯ストラップとして、携帯電話の本体にぶら下げて持ち運びできるほどだ。

   使用するときは、携帯電話の電源接続用ジャックに、ポケットチャージーの挿し込み口をつなぐ。店頭では充電済で売られているので、購入後すぐに使うことができる。小さくて軽いため、乾電池式の充電器に比べると充電容量は少なめだが、それでも約90分は連続で通話できるという。

PR





2030/08/16 00:17 | TrackBack(0) | 携帯充電器ニュース

トラックバック

トラックバックURL:

| 携帯充電器HOME | 携帯充電器の変遷その2>>
忍者ブログ[PR]