忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






2017/05/01 09:17 |
携帯電話「使い切ってから充電」は本当?
携帯電話に使われている電池は使い切ってから充電したほうがよいと思ってはいないだろうか。

リチウムイオン電池は使い切ってから充電しても継ぎ足しで充電しても電池の持ちは同じである。
10年ほど前まではニッケル水素電池という充電池が一部のモデルで使われており、そのニッケル水素電池では、継ぎ足し充電を繰り返すと電池自体の容量が減ってしまう『メモリー効果』」が起こっていた。
因みに現在販売されているものはメーカーに関係なくニッケル水素電池は使っていない。
なんとなく信じていた「使い切ってから充電したほうが良い」というのはや迷信だったようである。

また、携帯電話を充電ホルダーに立てておいて、充電が完了した後は充電池の方から電気を使い出すんですよ。なので、気になる場合は、寝る前に電源を切っておいて充電すると、その分だけ充電がもつ。
機種によっては当てはまらないかもしれないが、電池を1秒でも長くもたせたければ試してみるといいかもしれない。

因みに、リチウムイオン電池の特性として「満タンに充電した状態で何もせずに放置しておくと劣化が激しい」「温度が高い場所では劣化が激しい」ということがあるので、長期間使用しないような場合はあまり充電していない状態で、涼しい場所で保管したほうが良い。
PR





2008/06/12 02:26 | TrackBack(0) | 携帯電話の話

トラックバック

トラックバックURL:

<<ドコモが携帯電話基本使用料を改定 | 携帯充電器HOME | ソフトバンク携帯電話、立体印刷採用で女性を意識したデザインの「824T」 発表その2>>
忍者ブログ[PR]