忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






2017/06/22 22:59 |
有機ELの特徴その4

コスト
原理的には液晶ディスプレイより単純な構造が可能であるため、液晶ディスプレイより製造コストが下がる事が期待されている。 

大型化
大型化するとドット落ちや全体の均質化などの問題により、歩留まりが悪化する。また、大型化で課題の多いパッシブ駆動を避けてアクティブ駆動を採用するためには多数の製造技術と大きな設備投資が必要になる。液晶の大型化と同様、着実な不良原因の解析と対策が必要になると思われる。発光層の膜厚はTFT薄膜デバイスより薄い為、パーティクルの削減が重要な課題の一つである。現在はアクティブ駆動用バックプレーンとして低温多結晶シリコン(ポリシリコン、LTPSとも言われる)が製品として用いられているが低コスト化、大画面化の為にアモルファスシリコンや微結晶シリコン等の代替技術を用いた方法が提唱されている。
画面の大型化に伴って画素サイズが大きくなると、肉眼で単独の画素が見えてしまうという問題解決のために、さらに800万画素(4、096×2,160)程度の高解像度が求められるようになっている。これによって、各画素に与えられる駆動時間の減少とRC(抵抗と容量成分)による信号の立ち上がり遅延が新たな解決すべき課題となっている。

PR





2008/06/17 01:57 | TrackBack(0) | 携帯電話のディスプレイ

トラックバック

トラックバックURL:

<<マルチスタイルの携帯充電器登場 | 携帯充電器HOME | 有機ELの特徴その3>>
忍者ブログ[PR]